一人目(2021年)の経験と現在進行中の取り組みを中心に記事を書いています

少しでも、誰かに役立つ内容や共感できる話になれば嬉しいです(一人目の時は初めてで大変でした)

すべての中学受験(親子)を応援します!

Do it, right now!~「今すぐ」のいいところ

私は娘によく

まずは返事!

やると決めたら後回しにしない!

というので、妻に時々怒られます。確かに考えるところはあるのですが、「今すぐ」は

普通に何かやるより絶対にいい!

と思ってしまい・・・すみません🙇賛否両論ありますよね。

 

でも人生経験上、これは本当にお得、嬉しい、なことじゃないかなと思います。

メールの返事はすぐ返す(とりあえず「いつ返すよ〜」でも「受け取った〜」でも)

子どもとの約束はすぐ果たす(もちろん無駄遣い的なもの以外で)

仕事を頼まれたらすぐ返事。そしてできるならすぐやる

妻に相談されたらすぐ行動する!(←超基本)渋々やるよりお互いにいいし、喜ばれる

すぐできない事情がある時でも、返事や意思表示だけで印象や人間同士の関係性にはプラスかと。

少なくとも

自分の気分や気持ち的なものだけがためらいや戸惑いの理由なら、それは考えない

と癖をつけておくだけで、

フットワークいいよね

と言われるようになれる気がします😅

誰がやっても同じ結果なのに、気分良くできたり、差がつく、信頼を得られるなら、

普通に頼まれごと、約束、仕事を果たすよりずっといい

といえます。そもそも仕事の根源は信頼取引ですし。

いい仕事をすれば次も仕事がくる

約束を守れば相手も同じように約束を守ろうとする

そういった好循環を生み出す最初の一歩が「今すぐ」です。

人間が機械を信頼するのも、すぐ応じてくれて安定的に動作してくれるから。

でも人間関係になると、お互いにそれが簡単でないことがわかるから、

この人は信頼できる。少なくとも自分の話を聞いてくれた(信頼への第一歩)

となるのではないかな?と思います。

安請け合いは逆に信頼を損ねるので、どこまでできるかは自分で明確な線引きが必要ですが、

それと同時に、自分の気分的な問題であれば

切り替えられるならすぐ切り替えて実行する

すぐに着手できないなら返事をして、いつやるかをコミットする

ことは、繰り返すうちに慣れると思います。姿勢だけでも十分です。

それに

今すぐやる≠やり遂げる

ではないと思います。

今すぐやる=着手する

なので、思ったより大変だとか、軌道修正は柔軟に考えるべきです。まずはやってみる、ですね。

なので子どもたちにも

まずは返事!

やると決めたら後回しにしない!

と言ってしまうのですが、言って聞かせるのではなく、本人が自分で見つけるまで待つのは

私の課題です😓